日本人声優も出演の中国アニメイベント「非常に重要な政治外交活動事案」発生で中止

2015年05月08日 17時49分

中止を発表する「AnimeparTy」のホームページ

 中国・上海で5月16日から17日まで開催予定だったアニメイベント「AnimeparTy」が当該期間中に行われる“非常に重要な政治外交活動事案”が発生したため、中国上級政府及び公安局からの緊急告知により開催1週間前に中止。10月に改めて開催されることが発表された。


「AnimeparTy」は一昨年から開催されており、中国国内でも大規模なアニメイベント。アニメイト、グッドスマイルカンパニーなど日系企業もブース出展予定だったほか、KENN、森田成一、石井マークら声優やコスプレイヤーなどもステージ出演が決まっていた。


 突然の延期にKENNは8日にブログで「僕含め、弊社スタッフも非常に残念な気持ちでなりません」とコメント。同じく参加予定だったアーティストのMIKOTOも「いや~残念じゃ。楽しみにしてくれてた皆さんごめんなさい」とツイッターで謝罪している。


 日本では考えられない理由での延期だが、中国でアニメイベントに携わる日本人関係者によれば「こういった中止はよくありますよ。別のイベントでは急遽『5月は外国人が歌うのはダメだ』と言われて、日本人歌手のライブがトークイベントに変わったという話も聞いています」とトラブルは日常茶飯事という。


「警察が開催数時間前に突然、現れて『中止しろ』とか言って来ますからね。私たち日本人スタッフは大慌て。どうやら賄賂の額が足りなかったみたいで、中国人スタッフがすっと警官に近寄ってさらに賄賂を渡すと中止の話はなしに。時間通りイベントが開けるどころか、入場整理も警官が手伝ってくれました」(前述の関係者)


 気になるのが“非常に重要な政治外交活動事案”との何とも仰々しい中止理由だが、別の中国に詳しい関係者によれば「インドのモディ首相が14~16日まで中国を訪問するのが理由みたいです。日本やアニメには何も関係ないですけど、それが中国です(苦笑)」とのこと。

 

 同イベントのホームページではチケットの払い戻しに応じると発表しているが、日中のアニメ関係者、ファンにとってはとんだとばっちりとなった。