上戸彩 巨乳化にドラマ現場は困惑

2015年05月06日 08時30分

 第1子の妊娠を発表した上戸彩(29)の巨乳化が話題になっている。今クールナンバーワン視聴率でスタートした木村拓哉(42)主演のドラマ「アイムホーム」(テレビ朝日系)で妻役で出演している上戸の胸に、男女問わず注目する声が高まっているのだ。

 私生活での夫、HIRO(45)との間にもうけた妊娠中の第1子の出産予定は秋とみられ、当然だが、生まれてくる赤ちゃんに母乳をあげるため、乳房が大きくなるのは自然なこと。一般的には妊娠・出産でカップは2サイズアップするといわれているため、もともとFカップといわれる上戸はHカップまで巨乳化する計算だ。

 ドラマの撮影現場では上戸を出演者やスタッフが気遣う場面が多く見られるという。

「上戸さんの体調を最優先して撮影が続けられていますが、クランクインの時と比べて明らかに胸が大きくなっているんです。もともと上戸さんの巨乳は業界内で有名でしたし、何度も仕事をしているので、さほど気にしたことはなかったのですが、日に日に大きくなる胸に、どうしても男性スタッフたちは目がいってしまう。本人も気になっているのか、休憩中はワンピースなどゆったりとした服装に着替えています」(関係者)

 ドラマではエプロン姿やノースリーブワンピース姿の上戸を横からとらえたシーンで迫力ある巨乳が映し出された。

「今後は視聴者の目が上戸さんのおなかや胸にいかないように全身のカメラ撮りを減らし、上半身を中心にしたカメラワークになるそうです。ドラマの内容以外で話題になってしまうと、テレ朝初主演の木村さんにも申し訳ないですから、局も気を使っての配慮だそうです」(同)

 そうはいっても気になる上戸の巨乳だけに、好調の視聴率をさらに後押ししそうだ。