すみれ 笑顔を武器にハリウッド進出へ意欲

2015年04月30日 16時06分

すみれは白のボディコン姿で完璧なスタイルを披露

 モデルのすみれ(24)が30日、都内で映画「ブラックハット」(8日公開)のPRイベントに登場した。

 

 映画はハリウッドの巨匠、マイケル・マン監督(72)の最新作でヒロイン役に中国出身の女優、タン・ウェイ(35)が起用された。最近、ハリウッドでもタン・ウェイのようにアジア出身美形女優のアジアンビューティーを起用するケースが増えている。

 

 すみれは「昔からラブコメディーやアクションコメディーの映画が好きだったので、挑戦できるならしたいですね」とハリウッド進出に意欲を燃やす。さらにアクションシーンの練習として、報道陣の前でパンチを打ってみせた。

 

 フォトセッションでは完璧なスマイルとスタイルを披露。まさに日本を代表するアジアンビューティーの一人だが、意外にもプライベートは「色気がないといわれる」そうだ。

 

 すみれは「結構ドジで、よくこけたりする。あとしゃべるときも、手とかがいろいろ動いちゃって、落ち着いてられない。友達には『静かにしていればきれい』といわれる」と苦笑い。異性へのアプローチ方法を聞かれると「女性の一番のアピールポイントは笑顔だと思います」とさわやかな笑顔を浮かべた。