真木よう子「W不倫」継続中

2012年09月21日 12時00分

 美人女優の真木よう子(29)に“離婚危機説”が浮上している。推定Gカップとされる巨乳と卓越した演技力で、人妻になってからも人気を集めているが、プライベートではアノ男とのデートがキャッチされて…。まさかの離婚危機が取り沙汰されている真木だが、果たして真相は――。

 10月で三十路を迎える真木は妖艶さに磨きがかかり、続々とデビューする若手女優たちをものともせずにドラマや映画で引っ張りダコだ。6月に公開された渡部篤郎(44)主演の映画「外事警察 その男に騙されるな」では華麗なアクションを披露し、10月スタートの生田斗真(27)主演のフジテレビ系ドラマ「遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~」ではヒロイン役を務めるなど、波に乗っている。

 そんな真木はプライベートでは、08年に元俳優の片山怜雄(30)と結婚し、女児を出産した1児の母でもあるが、その家庭の方に思わぬ暗雲が垂れ込めているとか。真木といえば、6月に写真週刊誌「フライデー」で常盤貴子(40)の夫である俳優・長塚圭史(37)との“W不倫デート”が報じられて話題となった。2人は、真木が主演した舞台のプロデュースを長塚が手掛けたことがキッカケで親交を深めた。

 同誌によれば、真木と長塚が公演後にスタッフや共演者を交えての食事会後、2人だけで腕を組んで夜の街へ消えて行く姿をキャッチしたというのだ。「片山さんは若手人気俳優としてドラマなどで活躍するも、真木さんと結婚後は小説家を目指してリリー・フランキーさんに弟子入り。ただ、これといった収入はなく、一家の屋台骨は真木さんが支えているのが実情でした。最近はリリーさんの所にも行かず、家事や育児を担当するもっぱら専業“主夫”状態です」(芸能関係者)

 そうした真木の家庭環境もあって、長塚との“不倫デート”報道は注目を集めたが、実は2人の関係は今も続いているという。

「真木さんと長塚さんは、7月中旬にも都内にある某劇場に2人きりで仲良く舞台を見に来ていました。2人は開演ギリギリに入って来たんですけど、長塚さんはとくに変装などしていませんでしたが、真木さんの方は帽子を目深にかぶって顔を隠していましたね。それでもバツグンのスタイルの良さもあって周りのお客さんもすぐに気がつき、会場はザワザワとしていました。ほかにもチラホラと目撃談があるし、2人の親密ぶりは業界内では有名です」(舞台関係者)

 この2人の関係が続けば続くほど「真木と片山の夫婦関係はヤバくなりそうだ。いつ離婚の話が出ても不思議ではない」と事情通は指摘する。売れっ子女優として大活躍の真木だが、家庭の方は本当に大丈夫か!?