AKB48ぱるる 先輩・柏木の絶賛に「はぁ~」と塩対応

2015年04月22日 20時45分

左から横山由依、加藤玲奈、島崎遥香、柏木由紀

 人気アイドルグループ・AKB48の島崎遥香(21)、柏木由紀(23)、横山由依(22)、加藤玲奈(17)、大友啓史監督(48)が22日、都内でAKB40thシングル「僕たちは戦わない」(5月20日発売)のミュージックビデオ(MV)完成披露試写会に出席した。

 MVはメンバーが向かってくる“敵”に打ちのめされたり、逆にこぶしやハイキックや剣などでなぎ倒すシーンが満載。

 2度目の単独センターを務める島崎が「初めて見た時に『映画ですね』と言ってしまって。あっけに取られて気づいたら涙が出てました」と話した。

 殺陣やダンスレッスンにも、これまで以上に真剣に取り組んだという島崎は「自分なりに一生懸命考えながら撮影に挑んで良かった」と振り返った。

 MVは映画「るろうに剣心」やNHK大河ドラマ「龍馬伝」演出などを手がけた大友監督が担当。ダンスが見どころの楽曲を体現するように、本格的なアクションが繰り広げられた。予算も映画並みだという。

 やる気を見せた島崎について柏木は、「殺陣のレッスンも人一倍参加して、背中で見せてくれた。ぱるる(島崎)はすごくセンター(向き)の人なんだなって。ぱるるの周りに光があったんです。AKBの大事な作品でセンターが、ぱるるで良かったと思います」とセンターとしての“オーラ”を証言だ。

 しかし、先輩の絶賛ぶりにコメントを求められた島崎は「『はぁ~』って」と塩対応。大人の柏木は「これがいいところなんですよ」と苦笑いでフォローした。

 また100人を超える「るろうに剣心」チームによる12分間の“超大作MV”について、大友監督は「『るろうに剣心』と同じことをやってもらったから大変だったと思う。僕はドSですから。ケガもなく無事で良かった」と過酷な撮影現場だったことを明かす。

 AKB結成10周年で迎える40作目の作品に、次期総監督の横山は「何かを感じていただける作品で、歌詞もメッセージ性がある。新しいステップに進むためのような、AKBにとって大切な作品になったと思う」と自信を見せた。

関連タグ: