ポール・マッカートニー 京セラドームでリベンジ公演「帰って来たよ」

2015年04月21日 21時47分

 元ザ・ビートルズのポール・マッカートニー(72)が21日、大阪・京セラドームで昨年のリベンジ公演を開催し、集まった4万人のファンを魅了した。

 昨年、急病のため日本のすべてのコンサートをキャンセルしていた。

 1年ぶりのリベンジ公演となるコンサートは、約40分遅れでスタートしたが、元気いっぱい。ビートルズ時代の名曲「YESTERDAY」や「LET IT BE」など30曲以上を歌唱し、衰え知らぬ歌声にファンは酔いしれた。

 ポールは「マイド オオサカ。カエッテキタヨ」と大阪弁でファンにあいさつ。「モット ニホンゴ ベンキョウシマス。サンキュー オオキニ」と笑顔で語った後は英語に戻ったが、スクリーンに通訳された日本語が表示され、リアルタイムでファンとコミュニケーションを楽しんだ。

「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2015」と題した今回のツアーは京セラドームを皮切りに23、25、27日に東京ドームで公演を行い、28日にはビートルズで行った1966年以来、49年ぶりの「武道館」公演が開催。

 全ての公演で当日券が発売される。