ポール・マッカートニーが夫人連れて再来日

2015年04月20日 11時00分

ファンの歓声に応えるポール(右)とナンシー夫人

 昨年、急な体調不良のため来日後にコンサートを全てキャンセルした元ビートルズのポール・マッカートニー(72)が20日、リベンジ公演のため米国から関西空港に降り立った。


 ナンシー夫人を連れて再来日したポールは、サングラス姿でギターケースを片手に登場。「オッス、オハヨー」と日本語であいさつし、ファンが持っていた赤いウクレレにサインするなどサービス精神を見せた。空港には生ポールをひと目見ようと後方に並んでいたファンが押し寄せ、一時騒然となる場面もあった。


 昨年はウイルス性炎症を患い、無念の公演中止となったポール。5度目の来日となる今回は「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2015」と題し、21日に京セラドーム大阪で、23、25、27日に東京ドームでコンサートを行い、28日にはビートルズで行った1966年以来、49年ぶりの日本武道館公演が開催される。