• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 人間と吸血鬼で揺れ動く由愛可奈


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間と吸血鬼で揺れ動く由愛可奈


 人気AV女優・由愛可奈(19)が映画「百日のセツナ 禁断の恋」で、映画初主演を飾った。

 

 悪魔が創造した女吸血鬼(セツナ)を描くエッチで切ないバンパイア・ファンタジー。100日間のセックス禁止を守らなければ死を迎えることになるセツナが、宿命や恋に悩む姿を映し出す。

 

 由愛可奈は「お話をいただいて台本を読んで、最後のシーンで『あ、これオモシロそう』と思ったんですよ。でも、まさか私が主演だなんて…」とビックリした様子。

 

 人間と吸血鬼で揺れ動く難しい役柄だが、「最初は『なんでセツナがセックスしてはダメなのかな?』とか考えて。監督にいろいろ聞いていくうちに、自分の中で〝セツナ〟とはこういうものというのができました」と貪欲に吸収していった。“AV女”と“女優”との違いには「今の職業がV(AV)なんですけど、やっぱり全然違いましたね。演技はもちろんセリフもあって。自分じゃなくて、セツナにならないといけない。セツナってどういう子だろうって考えたり。でも、今回もAVもどっちも好きですよ」と笑顔を話した。

 

 今後“女優”としての野望はあるのか?「学生の役をやってみたいんです。今だったら理想の学生生活が演じれるんじゃないかなって。勉強が好きじゃなくて、いい学生生活じゃなかったんです(笑い)。金八先生みたいなのがいい。いろんなアクシデントはあるけど、みんなで乗り越えていったり。脱ぐ役もお話をいただければ、やるつもりですよ!」

 

 

 

<ゆめ・かな>1993年2月12日生まれ、静岡県出身。グラビアアイドルとして活躍後、昨年7月にAVデビュー。「スカパー!アダルト放送大賞2012」新人女優賞を受賞するなど一躍トップ女優に。ファースト写真集「夢叶 yumekana」(双葉社)が今月21日に発売される。

 

 由愛可奈の主演映画「百日のセツナ 禁断の恋」は9月29日から「池袋シネマ・ロサ」にレイトショー公開(初日舞台挨拶あり)。同作品のほか「ラブ&エロス シネマ・コレクション 2ndシーズン」と題し、人気AV女優の周防ゆきこ、小沢アリスらが出演する「ストリッパー」(公開中)、元人気AV女優で、タレントの七海なな主演「蝉の女 愛に溺れて」(9月22日公開)が同映画館で3週間連続レイトショー公開される。詳細は公式サイトまで。

 

【編集部のおすすめ】

【新着記事】



【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!