第6子誕生!谷原章介は芸能界No.1の子煩悩

2015年04月13日 11時00分

 俳優・谷原章介(42)に今月上旬、第6子となる女児が誕生した。2007年にいしだ壱成(40)の元妻と結婚し、それからほぼ2年に1人のペースで子供をつくっている谷原は、まさに“俳優界のビッグダディ”とも言える存在で、子煩悩さでは芸能界ナンバーワンともっぱらの評判だ。


 妻の連れ子の男児を含め、谷原は3男3女の父親となった。少子化社会で6人の子供というのは珍しいが、第6子の誕生をとても喜んでいるという。


「谷原はどの子にも分け隔てなく、愛情を注いでいます。とても40歳を超えているとは思えない爽やかで若々しいルックスからはいまいち家庭のにおいがしてきませんが、本当にいいお父さんです」と中堅芸能プロ幹部。


 現在は本業の俳優のほかに「王様のブランチ」(TBS系)、「パネルクイズ アタック25」(テレビ朝日系)などバラエティー番組でも司会を務めたり、とても忙しい日々を送っている。それでも合間を縫って、子供たちとの時間をつくっているという。


「数年前、夜に仕事仲間で集まる会合があったのですが、谷原は少々遅れて来ました。理由を聞くと、子供たちを風呂に入れてきたからだと、申し訳なさそうに言っていました。家にいる時は、風呂に入れるのは谷原の“仕事”のようです」と前出関係者。


 4年前には都内に約6億円とも言われる大豪邸を建て、家族に加えて自分の父親とも同居。そしてすぐ近くに住む妻の母親もこの豪邸で過ごす日が多いという。一家の大黒柱として家族を守る谷原の姿は、好感度が上がる一方だ。


 広告代理店関係者が「CMなどの仕事はますます増えるでしょう」と言うように、これまで以上に仕事に家庭にフル稼働することになりそうだ。