元AKB米沢瑠美デリヘル嬢役で“脱皮” 「AKB時代も彼氏いた」

2012年09月16日 18時00分

 元AKB48メンバーが風俗嬢に!? 今年2月に男性との私的な写真がネット上に流出したため、AKBを脱退した米沢瑠美(21)が、個人活動を再開してから初の映画出演をすることになった。その中で演じているのは、元アイドルらしからぬ風俗嬢というから驚きだ。そこで米沢を直撃すると、今までは語られなかったAKBへの思いまでを明かした。

 

 米沢が出演するのは12月上旬公開予定の映画「名無しの十字架」。まさかのデリヘル嬢役だ。さすがにヌードシーンはないものの、AKB時代のイメージをガラリと変えるような、なまめかしい姿を披露している。

 

 米沢は「役を最初に聞いた時はビックリしたんですけど、(女優として)きっとこれから私がしていかなきゃいけないことだし、私の仕事としてやっていきたいことだなと私も思ったのでさせていただいた」と決意をしたという。

 

「AKB、アイドルのイメージとしてはファンの方もきっとビックリされるんじゃないかなと思ったんですけど。実地研修? さすがにできません(苦笑)」

 

 2007年4月にAKBのメンバーとしてデビューした米沢。今年初頭、思わぬ形で世間の大注目を浴びてしまった。男性との私的な写真がネット上を駆け巡り、活動辞退に追い込まれた。

 

「(AKB時代は)大変だったんだなと思います。AKBはいつも変動しているグループ。中にいる時はそこの渦に巻き込まれているのでどうすることもできないし、自分たちは渦に巻き込まれながら進んでいくしかないので、いつも前進するしかなくて、大きな船から振り落とされないようにしていることしかできないというか。日本で一番売れているアイドルと言われても、その実感もあるようでないんですよね」とAKB時代を振り返った。

 

 AKBを卒業したことにより、米沢は恋愛禁止という鉄のおきてを守らなくてもいい立場になったが、現在の恋愛は?「私にその余裕はないんですね。それ(恋愛)をしているぐらいだったらもっと学びたいことがあって、もっとしたい仕事があって、今は自分の方が大切なんだと思います。AKB時代も(彼氏が)いたことは全然あるので。(恋愛を)表に出してしまったことによってガッカリさせてしまった人がたくさんいるので、今ちょっとその勇気がないですね」

 

 米沢はアイドルから女優への“脱皮”にまい進している。