ジローラモ“オヤジ臭”に悩んだ苦い過去を告白

2015年03月29日 17時32分

 タレントのパンツェッタ・ジローラモ(52)が29日、名古屋市内の百貨店で行われた「ラボシリーズ×キャデラック 春の男性応援キャンペーン2015」のトークショーに参加した。

 男性スキンケアブランドのイベントということで、ジローラモは肌測定器(スキンアナライザー)で肌の水分量と弾力を測定。水分量は62%でB判定、弾力は71%でA判定と50代としてはまずまずの数値をマークした。

 男性ファッション誌の表紙モデルとして活躍し、モテ系オヤジの代表格といわれるが「年を取るとにおいが出てしまう。以前、家内から“オヤジのにおいがしてる”と言われてビックリした」という苦い過去を告白。

「(肌を)きれいにすればするほど、においがすることはなくなる。今は(家内から)言われることはなくなった」と“オヤジ臭”を防止するためにも男性のスキンケアの必要性を訴えていた。