和田アキ子 六本木バーで流血事件

2015年03月23日 07時15分

こんな表情のアッコに説教されたら…

“芸能界の女番長”で知られる和田アキ子(64)の武勇伝に新たな一ページが加わった。女性?離れした体格とリーチで、これまでも数々の相手をノックアウトしてきた和田がついに最終進化。殴るわけでもなければ、蹴るわけでもない。相手に指一本触れることなく、大出血KOに追い込んだ“流血事件”が2月上旬に起きていたことがわかった。関係者の証言からその一部始終を独占リポートする。

 歌手として活躍する和田のもう一つの顔といえば「芸能界の女番長」とも呼ばれる、圧倒的な存在感だ。デビュー前の大阪時代には、100人の子分を引き連れ「ミナミのアコ」と恐れられた。

 芸能界入り後も「現役バリバリのガッツ石松をKOした」、また「朝青龍にケンカを売った」など、数々の武勇伝を作ってきた。ボクシングの亀田興毅(28)が大ブレークした時もすごかった。亀田の体格をつぶさに観察し「リーチは私の方が長い。亀田のパンチは届かへんよ」と“百獣の王”武井壮(41)ばりに戦力分析していたほどだ。

 ケンカに対する飽くなき探究心――。それは還暦を過ぎても一向に衰える気配はない。その最終進化形とも言える“事件”が2月上旬に勃発し、しかも複数の関係者に目撃されていた。

 東京・六本木のある会員制バーにやってきた和田は、いつものごとく酒を痛飲。周りには同店の男性スタッフ数人が付いていたという。

 すると、和田がテーブルを挟んで対面に座っていた男性店員に“ダメ出し”を始めたという。和田は自身の名前を冠した和食店「わだ家」を経営しており、スタッフには料理の出し方や礼儀作法まで、自ら教育することで知られる。

「アッコさんの前にいた男性店員は20歳そこそこで、地方から上京して働き始めたばかり。言葉遣いや飲み物の出し方など、至らない部分があったのは事実。そこを矯正しようとアッコさんが教育し始めたんです」

 そう証言するのは目撃者の一人だ。和田の教育は徐々に熱を帯び「それじゃ、お客様に聞こえんやろ! もっとはっきりしゃべれんのか!」などと、声を張り上げる場面もあったという。

 熱血指導すること5分。すると男性店員にある信じられない異変が…。

 別の目撃者の話。

「男性の顔がみるみる紅潮し始め、右の鼻の穴からタラ~ッと血が滴り落ちたんです。アッコさんは『なんで鼻血が出てんねや!』と追撃しましたが、男性は完全にKO状態でフラフラになりながらバックヤードに消えていきました」

 これには周囲もあぜんとするしかない。ひょっとして和田が周囲の見えないところで“光速ジャブ”を打ち込んだのでは?との可能性も指摘されたが、本人は「殴っとらん!」ときっぱり否定した。

 となると、考えられるのは“圧”か。恐らく和田の醸し出すド迫力に、相手男性が細胞レベルで白旗を掲げたということだろう。事実、治療を終えた男性は後に「アッコさんのド迫力に頭がボ~ッとして、気づいたら鼻血が出て…」と語ったという。

“戦わずして勝つ”は武道の最終形態。和田の戦闘能力は、ついに指一本触れず相手をKOするところまで高まったともいえる。

 新伝説はほかにもある。和田の手にかかれば、日常空間にあるモノすべてが武器になる。最たる例が「塩」だ。

 身をもって体験した30代男性は「一緒に食事していた際、余計なひと言を言ったせいで、アッコさんが『何やとぉー!?』と激怒。手元にあった粗塩を勢いよく投げつけてきたのです。それが痛いの何の…。塩の粒子が手に突き刺さる感じで『塩ってこんなに痛いのか』と驚いたのを覚えています。翌日、自分の腕を見たら塩の当たった部分が赤くなってました」と話す。

 和田については、親交のある「氣志團」の綾小路翔が12日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、和田が「ウチな、死ぬ前に1回、強いヤツと本気の殴り合いがしたいねん」と悩んでいることを暴露。本気の和田と戦ったらどうなるか…。犠牲者が出ないことを祈るばかりだ。