AKB「チーム8」佐藤七海が自宅全壊を振り返る

2015年03月11日 22時03分

前列左から須田亜香里、岡田奈々、高橋みなみ、加藤玲奈、後列左から上西恵、佐藤七海、武藤十夢、多田愛佳

 AKB48「チーム8」の岩手県代表メンバーとして活動中の佐藤七海(15)が11日、岩手県釜石市のイオンタウン釜石で行われた復興支援ライブに参加した。

 最初のあいさつで佐藤は「地元でライブができるのが、とてもうれしいです」と元気いっぱいにパフォーマンスを披露。

 さらに「チーム8で(全国各地で)コンサートをやっていて、いつかチーム8で岩手にも行きたい」と言うと、会場からは「待ってるよ!」という声とともに自然と温かい拍手が起こった。

 佐藤は宮城県仙台市に住んでいた時、震災にあったといい、「家が壊れて全壊になって。避難所にいて、猫とか動物と一緒にいてすごく大変だった思い出があります」と当時を振り返った。

 48グループとして、初めて支援活動を経験。「憧れるアイドルとして人に元気を与えることができるようになりたい。もう一度、復興ライブがあったら、もっとパワーアップして来たい」と力強かった。