矢部美穂 後藤騎手を追悼「心がボロボロだったのかぁ」

2015年02月27日 16時49分

矢部美穂

 JRAの後藤浩輝騎手(40)が27日午前、茨城県内の自宅で首をつって死亡した状態で発見されたことを受け、タレントの矢部美穂(37)がこの日、自身のブログを更新して「信じたくない」とつづった。

 

 一報をLINEなどで知ったという矢部は「信じたくないです。後藤さん、あんなに頑張って復帰したのに…勝ち星だってどんどん増えていたのに…まわりには強く大丈夫だよ!と言っていたけど、本当は心がボロボロだったのかなぁ…」と、故人の心情を慮った。

 

「あんなに愛されている後藤さんが自殺なんて、信じられないし、信じたくないです。また、競馬場で後藤さんスマイルみれると思っていたのに…」と続けた。

 

 後藤騎手の優しさを物語る誕生日パーティーをめぐるエピソードも披露。

 

 矢部が「今年は誰も誕生会は開いてくれない」とこぼすと、後藤騎手が誕生会を開いてくれたという。「後藤さん、わざわざ誕生会を開いてくれて、沢山の人を呼んでくれて、あなたが主役のタスキをかけてくれて、写真もいっぱい撮ってくれて…あんなに温かな優しい人なのに…」

 

 突然夫を失った後藤騎手の妻でタレント・湯原麻利絵(36)も気遣う。「ずっと会ってはいなかったけど、まりえちゃんも心配です…」

 

 後藤騎手は夫人の湯原麻利絵と2010年5月に結婚。13年3月に女児が誕生している。

 

 矢部は父親が以前、地方競馬の騎手だったこともあり、競馬関連の仕事が多く、故人とも親交が深かった。