後藤騎手突然の死の悲しみ広がる 篠田麻里子「何度もお世話になりました」

2015年02月27日 12時49分

ツイッターで後藤騎手の死にコメントを寄せた篠田

 なぜなんだ後藤――。26日夜、茨城県阿見町にある自宅で首をつり自殺したJRAの後藤浩輝騎手(40)の訃報が各方面に大きな衝撃を与えている。


 後藤騎手は大ケガにより長期間戦線離脱していたが、昨秋に復帰。以後順調に勝ち星を積み重ね全盛期の輝きを取り戻しつつあった。自殺する前夜にはSNS「フェイスブック」上で笑顔でコンサートを訪れる写真をアップしており、自ら命を絶つような様子はみじんも見せていなかった。


 それだけに突然の死に対する衝撃は大きく、第一報が報じられるとSNS上では悲しみと驚きの声があふれ、フェイスブック上には「後藤さん悲しすぎる」「ごってぃー、早すぎるよ」などのコメントが寄せられた。


 明るいキャラクターで知られた後藤騎手はテレビ番組にもたびたび出演していた。


 後藤騎手の死を受け、元AKB48で2010年から2011年まで放送された競馬番組「うまプロ」のMCを務めた篠田麻里子(28)はツイッターで「悲報に驚いています。後藤ジョッキー、うまプロで何度もお世話になりました。優しくて面白い人柄が誰からも愛されてるとても話しやすい方でした。ご家族のお気持ちを思うと胸が痛みます。哀悼の意を表しご冥福をお祈り申し上げます」と故人の冥福を祈った。


 また競馬漫画「じゃじゃ馬グルーミン★UP!」を手がけた漫画家のゆうきまさみ氏(57)も「後藤騎手…なぜに…」とあまりに早いトップジョッキーの死への驚きをツイートしている。

関連タグ: