育ての親が明かす尾崎豊の素顔

2012年09月10日 18時00分

 若者から熱狂的支持を受けたカリスマシンガーの尾崎豊さん(享年26)が“謎の死”を遂げてから、はや20年。開催中の「尾崎豊特別展 OZAKI20」(19日まで、東京・ラフォーレミュージアム原宿)は貴重な遺品、遺作が公開され話題となっている。今なお愛され続ける天才の“素顔”とはいったい? 尾崎さんを発掘した須藤晃プロデューサー(60)に話を聞いた。

 

「彼には神話や伝説があり、『夜の校舎 窓ガラス壊してまわった』(卒業)、『盗んだバイクで走り出す』(15の夜)の歌詞のように、非常識な行動を取るように思われている。でも、僕からすればそれは違う。言ってみれば本当に普通の人。もちろん音楽的な才能はあったが、僕と出会った16歳のころに持ってきたデモテープの中には、聴くに堪えないような作品もたくさんあった。普通の感性を持った、極めて普通の人だった」

 

 青山学院高等部時代に喫煙、飲酒で騒ぎを起こし、停学になった事実はあるが、歌詞ほどの“ワル”ではなかった。のちの薬物逮捕、不倫騒動、謎の死と結びつき、死後の尾崎さんにはさまざまなイメージがついたが、須藤氏は言う。

 

「ある時、僕と彼がスーツ姿でタクシーに乗り、途中で彼を降ろした。すると、降りるなり腰を直角に曲げて深々と僕におじぎをする。運転手さんがドアを閉められないほどで『好青年だ』と感心していた。礼儀正しい後輩というか、きちんとした常識ある人だった。世間的にはタクシーをバッと降り、ドアをバーンと蹴飛ばしそうなイメージだけど、実際は違った」

 

 今回の展示会では尾崎さんが試行錯誤しながら歌詞をつむぎ出したノート、会話など、生々しい製作過程が見て取れる。そんな律儀な人柄だったこそ、色んな悩みを抱え込み、人生の深みにはまったのかもしれない。