大島優子 新CMで重さ4キロのダンベル軽々と扱う

2015年02月25日 00時00分

重さ4キロのダンベルを軽々と扱う大島(左)

 女優・大島優子(26)がイメージキャラクターを務める、低刺激洗浄料「ミノン」洗浄シリーズのCM第3弾が25日から放送される。

 

 第1弾「小包」編、第2弾「帰省」編に続く第3弾は「彼の引っ越し」編。東京で一人暮らしを始めて3年になるOLが、遠距離恋愛を経て東京に異動になった彼氏の引っ越しを手伝うという設定だ。

 

 CM冒頭でOL役の大島は、荷物の中から見つけた重さ4キロのダンベルを両手に持って軽々と扱う姿を披露。これには演出を担当したタナダユキ氏も「アスリートみたい」と思わず驚いたという。スタッフによると、第2弾の撮影時に大島は自分の筋肉を自慢していたそうで今回、図らずもそのことが証明された形だ。

 

 彼氏役の俳優・坂口健太郎(23)とは初対面ながら、息の合った演技を見せた。

 

 大島が「短い時間でしたが、いろいろお話しできましたし、笑顔がとてもすてきな方で和みました」と言えば、一方の坂口も「人見知りするタイプなんですけど、大島さんや現場の雰囲気がほっこりしていたので、楽しく撮影するこができました」。

 

 まるで本物の恋人同士のようだった。