米国で“第2の人生”を希望する押尾を待ち受ける大きな障壁

2015年02月26日 11時00分

昨年末に仮釈放された押尾

 保護責任者遺棄罪などで懲役2年6月の実刑判決を受け、静岡刑務所に服役して昨年末に仮釈放された俳優・押尾学(36)がさっそく、一部週刊誌に、“キャバ嬢をお持ち帰り”と報じられた。“第2の人生”の本拠地として米国を希望しているというが…。

 一部週刊誌によると、押尾は未成年のキャバクラ嬢とデートしただけではなく、キャバ嬢の家に出入りしている様子が報じられた。

「押尾の女好きの病気は治らないでしょう。収監前にもキャバクラに行ったことが報じられた。報道された以外にも、顔を隠して女の子がいる店に飲みに行ったりしていたようだ」と中堅芸能プロ幹部。

 押尾の年齢なら、普通に考えればこれからの人生は長い。仮釈放後も支援してくれる人はいるというが、いずれは何か仕事をして自立しなければならない。だが、日本ではあまりにも有名になりすぎて、なかなか“普通の生活”を送れないのも事実だ。

 芸能プロ関係者は「手記を出版する話が持ち上がっているようだが、日本の芸能界に本格復帰するのは絶望的。そこで海外、とりわけ米国に活路を見いだそうとしている。ハリウッドでの俳優業や音楽活動だけではなく、芸能とは離れた輸入業などを視野に入れているようだ」。

 だが、押尾の考えているように事が進むかは、疑問が残るところだ。なぜなら“ある障壁”が残っているからだ。

「ビザの問題だよ。押尾は保護責任者遺棄だけではなく、薬物犯罪でも有罪判決を受けている。それだけの前科があるために、米国からビザが下りにくいみたい」と前出関係者。

 刑務所で罪を償ったとはいえ、そう簡単に思い通りの第2の人生は送れそうもない。