【訃報】坂東三津五郎さん すい臓がんのため死去

2015年02月22日 21時13分

 歌舞伎俳優・坂東三津五郎さん(本名・守田寿)が21日午前2時3分、すい臓がんのため東京都内の病院で死去した。59歳。

 2013年9月にすい臓がん摘出の手術を受け、昨年4月には一度、舞台復帰を果たした。しかし、同9月から再び闘病生活に入っていた。

 1962年に五代目坂東八十助を名乗り初舞台。01年1月に十代目三津五郎を襲名した。時代物から世話物、荒事、舞踊まで幅広い役柄をこなし、踊りの名手としても知られた。

 テレビや映画でも活躍し、NHK大河ドラマ「功名が辻」(06年)、映画「武士の一分」(06年)などに出演した。06年に日本芸術院賞、09年に紫綬褒章を受けた。

 私生活では元宝塚の寿ひずる、元アナウンサーの近藤サトと結婚するが後に離婚した。

関連タグ: