実物大パトレイバーが東京マラソンを警備? 参加ランナーもビックリ

2015年02月22日 13時10分

東京マラソンの沿道に立つ実写大イングラム

 これぞクールジャパン? 22日に行われた「東京マラソン」のコース沿道に全長8メートルの巨大ロボットが現れ、ランナーや応援する人たちの注目を集めた。

 ロボットは映画「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」(5月1日公開)の劇中で使われた警察用ロボット“パトレイバー”のイングラム。ランナーを応援するため、東京・銀座松竹スクエア広場で“警備”に就くことになった。

 映画の宣伝担当が「東京マラソンの歴史上、最も目立つ応援です」と語る通り、注目度は高く、沿道の応援客や外国人観光客はランナーそっちのけで携帯電話のカメラでパチリ。市民ランナーの中には足を止めてイングラムを見上げる者もいた。

 海外ランナーからも注目を集める東京マラソン。アニメやロボットといった日本文化をアピールする上でも最適な警備担当だった。