東スポ編集局にカッパ来襲

2015年02月18日 16時00分

カッパ姿で生中継した金田朋子

 カッパ来襲――。UFOやツチノコなど、超常現象や未確認生物を追いかけ続ける本紙編集局に17日、ついに“カッパ”がやって来た。

 東京・江東区の東京スポーツ新聞社を襲撃したカッパ、何だか様子がおかしい。人目を避けて生息するはずが、自ら「カッパが出たぞ~!」と甲高い声で叫び、その存在を必死に訴える。

 実はこれ、ラジオの情報バラエティー番組「吉田照美 飛べ!サルバドール」(文化放送)の生中継収録。ハイテンションな言動で人気の声優・金田朋子(41)が中継リポーターとしてカッパに扮し、4月1日に本紙が迎える創刊55周年を祝うため、きゅうり55本を持参して訪問した。

 金田は「カッパッパ~!」と叫びながら手足をバタバタさせる得意の“カッパダンス”を披露。だが、キテレツな舞に東スポ社員たちは「うわ~!」とビビりまくり、金田が駆け寄っても逃げ続ける始末。

 金田もトークの途中、カッパなはずなのに「ケロッ」とカエルの鳴き声をしてしまい「ケロッて言っちゃった…」と頭をかいていた。