「梅ちゃん先生」堀北が紅白司会“内定”

2012年09月07日 12時00分

 NHKの朝ドラ「梅ちゃん先生」で主演を務める女優・堀北真希(23)が、今年の「NHK紅白歌合戦」紅組司会の最有力候補に浮上した。同ドラマの高視聴率を武器に、すでに“内定”したとの情報も流れるほど本命視されている。

「梅ちゃん先生」は先月24日にクランクアップ。堀北は「多くの人に応援してもらい、うれしかった。とても楽しい、充実した10か月間でした」と笑顔で話した。ただ撮影は終わっても、年末には“紅白”という大仕事が待っていそうだ。

 紅組の司会はこの2年、朝ドラのヒロインから選ばれている。一昨年は「ゲゲゲの女房」の松下奈緒(27)、昨年は「おひさま」の井上真央(25)だった。

 芸能プロ関係者は「昔は『視聴率にはこだわらないNHK』といわれていたが、ここ数年は民放以上にこだわっている。一時はアナウンサーが司会していた時期もあるが、最近朝ドラのヒロインを司会に起用しているのはその方針の影響もある」と指摘する。

「梅ちゃん先生」の平均視聴率は、その2作品よりはるかに上。「ゲゲゲの女房」は18・6%、「おひさま」も18・8%と高視聴率だったが「梅ちゃん先生」は平均20%を超えている。最高視聴率は24・9%を記録した。