広瀬すず 主演ドラマ苦戦中でも業界受け抜群のワケ

2015年02月18日 11時00分

ダンスを披露する広瀬すず

 今年、大ブレーク間違いなしといわれる若手女優の広瀬すず(16)が「ロッテ『Fit’s』」の新CMキャラクターに起用され、16日に都内で行われた発表会でお披露目された。

 CMにどんどん抜てきされ注目を集めている逸材は、実は“ニラ女優”。「人とズレているところ」を聞かれ「好きな食べ物」と回答。「ニラとかサツマイモとか枝豆とか大好き。渋いと言われる。オヤジギャグも言いますし。16歳にしては(他の同世代と)違うのかなあ。もうニラ愛がスゴいんです」とニッコリだ。

「週4くらいでニラ鍋を食べます。水炊き風にニラを3束入れて食べる。シャキシャキ感とフニャッてしている感じが残っているのをポン酢で食べます」と熱弁した。正月の食事もニラ鍋だったという。この日の発表会では、CM撮影時と同じ制服姿でダンスを生披露した。CMは17日から全国でオンエアされる。

 若手女優の中で抜群の期待値を持つ広瀬だが、現在、初主演ドラマ「学校のカイダン」(日本テレビ系)で苦戦を強いられている。
「土曜午後9時といえば、最近では『地獄先生ぬ~べ~』や『戦力外捜査官』などと同様に視聴率2桁には届いてほしいところ。初主演で話題になりましたが、10%を切ってしまうことも。話題の女優と言われているほど、視聴率が上がっていない」(テレビ局関係者)

 ただ、平均視聴率が1桁で終わったとしても、次が厳しくなるなんてことはないのが、いまの広瀬の勢いだ。

「ドラマは裏番組の関係でも数字が左右されたりするし、気にするほど低いわけでもない。むしろ、業界内でのファンの多さは有力な武器。映画監督やテレビプロデューサーも『使いたい』と言っている人は多いですから、すぐに次の作品も決まりますよ」とはある映画関係者。やはりオヤジギャグを自在に操る16歳は、業界オヤジたちの受けもすこぶるいいらしい。広瀬のサクセスストーリーは始まったばかりだ。