さとう珠緒全面勝訴でテレビ完全復帰も近い!?

2015年02月15日 11時00分

全面勝訴したさとう珠緒

 タレント・さとう珠緒(42)に対し、前所属事務所の女性社長が約3000万円の損害賠償を求めていた民事訴訟の判決が13日、東京地裁で言い渡され、原告の請求を棄却した。


 訴訟費用も原告が支払うとの判決で、さとうにとっては全面的な勝訴となった。この日、法廷には双方の代理人とも出席しなかった。


 前事務所社長は約10年前に約1000万円もの金を貸したが、半分以上も返済がされていないことや、「美容外科クリニックと広告契約を結んださとうが、契約下での企画番組への出演をドタキャンしたため、1800万円もの損害が出た」と主張してきたが、裁判ではすべてが退けられた形だ。


 ある業界関係者は「この裁判では、すべてが真っ向から対立していた。ある仕事での未払いのギャラなどについても話されていた」という。


 例えば社長側は「第三者を交えてさとうと話し合いをし、ギャラの未払いを了承してもらった」と話していたのに対し、さとうは「そんなことは了承していない」といった具合。言い分がほとんどが食い違っていたのだ。


 同関係者は「実際、話し合いに参加したとされる第三者に、裁判とは別に話を聞いてみたところ『そんな話はまったく知らない』と言っていた。結局、社長側は未払いのギャラをさとうが了承したということを証明するものも出せなかったようだし、そのあたりに問題があったのでは」と分析した。


 またテレビ局関係者は「裁判沙汰になるとなかなかテレビでは起用しにくいが、身の潔白が証明されれば話題の一つとしても取り上げようとするケースもあるかもしれない」。最近はテレビでほとんど見かけなくなってしまったが、今回全面勝訴したことで、またさとうの活躍が見られるかもしれない。

関連タグ: