さとう珠緒 古巣事務所との金銭トラブル裁判に勝訴

2015年02月13日 15時58分

さとう珠緒が勝訴

 女優でタレント・さとう珠緒(42)が前所属事務所の「プチスマイル」から約3000万円の損害賠償を求められている民事訴訟の判決が13日、東京地裁で言い渡され、原告の請求が棄却された。裁判には原告、被告、及び代理人も出廷せずに行われ、判決言い渡しは30秒ほどで終了した。裁判費用は原告側が支払うよう命じられた。

 前事務所社長は約10年前に1000万円もの金を貸したが、半分以上も返済がされていないことや、湘南美容外科クリニックとの広告契約を本人がドタキャンしたため、1800万円もの損害が出たと主張。珠緒は訴訟内容について全面的に否定し、「1年間の給料未払いがあった」などと反論していた。

関連タグ: