佐々木健介・北斗晶夫妻に国税から感謝状

2015年02月12日 17時39分

確定申告e―TaxのPRをする健介(左)と北斗夫妻

 元プロレスラーでタレントの佐々木健介(48)、北斗晶(47)夫妻が12日、関東信越国税局長から感謝状を贈られた。

 

 健介、北斗夫妻は「関東信越国税局e―Tax推進大使」として、確定申告や、ネットを用いた確定申告e―Taxの広報活動に約3年間協力してきた。その功績が認められ、川上尚貴国税局長から感謝状を贈呈された。

 

 北斗は「大変感謝しております。これまで税金は払えばいいや、みたいなところがありました。(親善大使をやって)意識の中から変わったことは、税金の必要さというのを深く知ったと思います。(子育て支援などで)より女性が社会進出しやすい社会にしてほしいなと思います」とアピール。

 

 健介も「次の世代の子供たちが大きくなった時に、(税金による)助け合いの連鎖って大事だと思う」と語った。

 

 健介、北斗夫妻もパソコンを用いてe―Taxにチャレンジした。

 

 頼りない手つきでパソコンを触る健介は「僕、アナログなんですけど、そんな僕でも分かりやすく見えてうれしい」と笑顔でPRした。