「さまぁ~ず」が絶賛する“セクシーなドS”娘の素顔

2015年02月15日 09時00分

「あいなん家」の前でセクシーな水着姿を披露する愛菜

 お笑いコンビ「さまぁ~ず」が絶賛する美女がいる。タレントの愛菜(21)だ。現在放送中のバラエティー番組「ネリさまぁ~ず SECOND SEASON」(日本テレビ系)では、ドSキャラ全開でちょっぴりセクシーに大暴れ。八王子の元レディースだった母のスパルタ教育で育ち、現在はタレント業の傍ら両親が営む居酒屋の看板娘としての顔を持つ話題の美女の素顔とは――。

 ――番組ではさまぁ~ずら芸人たちを苦しめる“トラブルガール”として登場。ドSキャラでお仕置きを連発し、M気質の芸人たちをメロメロにしている

 愛菜:違う自分を出すのは初めてでしたけど、自分の殻が破れました。今はすごく楽しいですし、これをきっかけに女優として演じていきたいなと思いますね(笑い)。

 ――耳に唾を吐くことも…あれは演技?

 愛菜:ちょっと本当の自分もあるんですけど(笑い)。“どうなってもいいや!”って感じで挑んだんです。心配だったけど、思いきりやらなきゃ何も始まらないし、自分も変えられないからやっちゃいました。

 ――さまぁ~ずもプロ根性を絶賛

 愛菜:親心みたいな感じで、かわいがってくださって。だからこそ、初心を忘れずもっと頑張ろうと常に勢いを忘れずにしてやっていきたい!

 ――ドSキャラが生まれたきっかけは

 愛菜:番組の出演者オーディションの時に、ちょうど自暴自棄になってて。「どうでもいいや」と思いながらイライラしながら受けたんです。面接の方に「この人に怒ってください」と言われ、本気でキレたら合格して。その時のドSぶりを番組で出してる感じです。

 ――その根性を培ったのは、お母さんの教育方針もあったとか。八王子でレディースとして活動されていたとか

 愛菜:「ネリさまぁ~ず」のオーディションに行く時、お母さんが「やるからには思いっきりやってきな」と声を掛けてくれて。「唾吐くかもしれないんだよね…」と言ったら「根性決めてやるならやってきな」「絶対、誰にも負けんな」と。お母さんと録画した番組を見ながら、私がキレるシーンで「これ甘くない?」とすごく言われます。

 ――さすが八王子のレディース出身

 愛菜:殴り合いはちっちゃい時によくしたかな。朝イチでお母さんとケンカして、学校に遅刻したり。目を腫らして髪ぼさぼさで学校に行った記憶がありますね(笑い)。でも、今は全然ないですよ。

 ――血を感じる

 愛菜:高校でチアリーディング部のキャプテンをしてたんですけど、考えが甘かったり、あいさつしない後輩がいたら「ちょっと来いよ」と放課後に呼び出してました。「なんであいさつしないの? なんでスカート短いの?」と。ペットボトルを投げつけたこともあったかな(苦笑い)。

 ――怖い…。でも、今は両親が営む居酒屋「あいなん家」(東京・門前仲町)で、看板娘として店にも立つとか

 愛菜:ここでは笑顔ですよ!「元気をもらったよ」と言ってくださるお客さんもいるので、うれしい。卵焼き、チャーハン系、パスタ系、煮込み系とか作ってます。ぜひ来てくださいね。