横綱白鵬 付け人にガードされ報道陣寄せつけず

2015年02月11日 18時46分

「NHK福祉大相撲」で入門当時の写真と並びインタビューを受ける白鵬

 横綱白鵬(29=宮城野)が11日、東京・両国国技館で開かれた「NHK福祉大相撲」で、NHKアナウンサーによる力士インタビューに登場した。
 
 初場所で優勝33回を達成した白鵬は「天皇賜杯をいただいたのが31回なんですよね。(角界の不祥事で)2回もらえなかった。それもありますし、父(ムンフバトさん)がモンゴル相撲で6回優勝している。(モンゴル相撲は)年1場所ですから、36回を目指して頑張りたい」と今後の目標を掲げた。
 
 一方で、審判批判で大騒動を巻き起こした件については触れずじまいだ。この日は約4400人の観客が集まり、インタビューなどの模様は今月21日に全国放送される。ファンに対して騒動をわびるチャンスでもあったが、その意思がないことが改めて鮮明になった。
 
 取組を終えて支度部屋に戻ると、報道陣に背中を向けて取材拒否。帰り際は付け人にガードされながら口を開くことなく車に乗り込んだ。