はるな愛 23歳男性と“復縁”して結婚意識

2015年02月11日 11時00分

結婚を意識していることを明かしたはるな愛

 おネエタレントのはるな愛(42)が10日、都内で性的マイノリティー応援イベント「WE BELIEVE IN  LOVE キャンペーン」(ラッシュジャパン主催)のプレスイベントに出席した。

 

 はるなは突然「本当のことを言うと年末に破局した。『彼に二股をかけられたとテレビで何度も言ってたら、彼からきちんと話をしたいと連絡があり『(二股相手とは)1度しか会ったことがない。二股じゃないし、あなたと関係を続けていきたかった』と言われて振られた」と告白。

 

 だがその後、何度か食事に行くうち、互いに誤解が解けたという。「引っ付いたり離れたりで、その人との距離が縮まった気がする。一度別れたので浮足立たずに慎重にいきたい。バレンタインは、今夜その人に渡す予定。このかわいいハート形の入浴剤をプレゼントすると『一緒にお風呂に入ろう』みたいで意味深かな」と笑顔を浮かべた。

 

 彼は松田翔太似の23歳のサラリーマンで、男らしいバリバリの九州男児。はるなが経営する飲食店の客で、はるなは客に手を付けたことになる。「失恋後はつらくて美川憲一さん(68)に電話した。あの人の強く生きる姿がよりどころとなった」

 

 そんなはるなの願いは、今の戸籍のままいつの日か本物の花嫁になること。

 

「同性婚が認められたら真っ先に結婚したい。美川さんと吉野のママ(ゲイの元祖)に仲人になってもらう。でも、彼は一般人で報道をすごい気にするし、結婚の話は重いからまだしていない。彼の両親に理解があるといいな」と目を輝かせた。

 

 イベントに関してはるなは「みなで性について考える場所を与えてもらって幸せ」と終始笑顔。「性はもっと多様だと理解してもらいたい。こういう場所があったらまた発言していきたい。もっと世の中が動いてほしい」と訴えた。