王さん次女・理恵が再々婚 亡き母見習い「支えていきたい」

2015年02月09日 16時55分

 プロ野球・ソフトバンク球団会長の王貞治氏(74)の次女でタレント、料理研究家の王理恵(44)が3度目の結婚をしたことが9日、わかった。所属事務所が理恵本人の「マスコミ関係の皆様」と題したメッセージを発表した。以下全文。

 

 

「いつも大変お世話になっております。
私事ではございますが、先月入籍いたしました。
皆様にお知らせするのは控えるつもりだったのですが、近々記事になることを知り、知人限定のFacebookでお知らせしたところこのような状況になってしまい、お騒がせして申し訳ありません。
亡くなった母が父を献身的に支えたように、彼が仕事に集中できるように健康管理をしっかりして、支えていきたいと思っています。
相手は一般の方なので、温かく見守っていただけますよう、よろしくお願いいたします」(原文ママ)

 

 理恵は1995年に博報堂時代に勤めていたころの同僚と結婚したが、2年半で離婚。2001年に再婚した番組プロデューサーとは3年後に離婚。07年には本田昌毅医師との交際が話題になったが、結婚には至らなかった。


 理恵は前日(8日)に自身のフェイスブックで、結婚したことを明かしていた。