小峠 恋人・坂口のチョコに「毒入ってなければいい」

2015年02月09日 15時03分

左から鈴木あや、小峠英二、今井華

「セントネーションズ香水新商品発表会」が9日、都内で行われた。香水をプロデュースしたモデルの今井華(22)、鈴木あや(25)の2人だけではなく、なぜかお笑いコンビ「バイきんぐ」小峠英二(38)も出席した。


 今井が「基本的に私はこだわりすぎる。大本の匂いを決めるのに悩みに悩みました」、鈴木が「1年くらいかけて完成した」などと香水をプロデュースするにあたってのこだわりを披露したところで、小峠は呼び込まれて登場。


 本人も「世も末ですよ。私がフレグランスのイベントに呼ばれるなんて。どうせドッキリだと思いました」とさすがに場違いであることは感じていたようだ。


 どうやら小峠の彼女である坂口杏里(23)が、今井や鈴木と同世代ということで呼ばれたようだ。


 いまいちイベントの趣旨と合っていない模様の小峠だが、そこはプロ。 普段から香水を使っていることや、理想のバレンタインデーの過ごし方などを冗舌に語ったが、さすがにちょっと恥ずかしくなったのだろう。「38のハゲたおっさんのバレンタインの過ごし方、誰か興味あるんですか?」と漏らした。


 イベント前日に約1か月ぶりに坂口と会った小峠は、スケジュールが合えばバレンタインデーも坂口と過ごすつもりだという。「チョコ? さすがにもらえるんじゃないですか。手作りなら手作りでありがたいけど、毒が入ってなければいいですよ」と語った。