坂上忍「バイキング」だけでギャラ3億円超…荒稼ぎの理由は?

2015年02月11日 11時00分

大ブレーク中の坂上忍

 大ブレーク中の坂上忍(47)が4月から平日昼の帯番組「バイキング」(フジテレビ系)の全曜日MCを務める。実現すれば坂上の年収は大幅アップ。同番組だけで3億円以上のギャラを手にするといわれている。

「前番組の『笑っていいとも!』のタモリさんのギャラは1本350万円以上だった。それほど帯番組のメーン司会は別格。坂上さんクラスでも150万円以上は確実で、4月以降の年収は『バイキング』だけで3億円を超える計算になります」とはテレビ関係者。

 とはいえ、坂上は当初から司会業にノリ気でなく、多忙すぎる生活を嫌う。酒にギャンブル、自宅では愛犬8匹が“パパ”の帰りを待っている。芸能関係者は「基本的に坂上さんは仕事にマジメなタイプ。その分、オフの時間を大事にしていて、ストレス発散のために使っている。全曜日MCとなれば、それが極端に少なくなるわけで、本当に彼がオファーを受けるのなら驚き」と話す。

 さすがの坂上もカネに目がくらんだのか…。だが、別の関係者は荒稼ぎする坂上の真の目的についてこう仰天証言する。

「あいつ、また休むつもりなんじゃないか…」

 坂上は無類のボートレース好きで知られ、毎年大みそかのボートレースにその年の“浮いた金”を全額ぶち込むことで知られる。

「彼はギャンブラーというより、もはや博徒。昨年も5000万円は突っ込んだそう。この習慣は今に始まったことではない。負ける方が多いが、過去には8000万円勝ったこともある」(同)

 しかも、ボロ儲けしたときの行動が驚きだ。

「1年間休んだんです(笑い)。自分の会社のスタッフに1年分の給料を先払いして、自分は仕事をセーブして、好きなことをやって過ごしたそうです」(同)

 こうした前科…いや伝説を持つ坂上だけに、今年稼ぐだけ稼いでアッサリ休養もあり得る。

「人気絶頂の最中、いきなり『1年、休みま~す』とやりかねない人です」とは同関係者。ブレークしても安定とは結びつかない男なのだ。