覚醒剤3度目逮捕 小向容疑者昨秋からの異変

2015年02月09日 11時00分

7日朝、送検された小向容疑者

 厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は6日、自宅で覚醒剤を所持していたとして、セクシータレントの小向美奈子容疑者(29)を、覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕した。7日朝には留置先の警視庁湾岸署から送検された。2009年、11年に続き、3回目の覚醒剤逮捕。昨年はアダルトビデオの売り上げナンバーワンを決める大会でグランプリに輝くなど、大活躍だった同容疑者の逮捕に業界には激震が走った。その女王に最近異変が起きていた。

 

 

 小向容疑者は6日朝、東京・渋谷区の自宅マンションで覚醒剤約0・1グラムを所持していた疑い。情報を得た麻取が、酒に酔って朝帰りした同容疑者に声をかけ、家宅捜索して見つかった。調べに「自分のもので間違いありません」と容疑を認めているという。


 小向容疑者は09年1月、覚醒剤取締法違反(所持)で逮捕、起訴され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。11年2月にも覚醒剤取締法違反(譲り受け)で逮捕されたが、証拠不十分で不起訴処分となった。実は、水面下では「また小向がクスリに手を出している!」と噂になっていた。


「去年の秋ごろ、小向が仕事を飛ばしたことがあった。ドタキャンして1か月間ぐらい休んだようだ。復帰したら妙なハイテンションで目もイッてて危なかったから、薬物疑惑が一気に広まった」と芸能プロ関係者。


 麻取も昨年から小向をマークしていたようだ。


「警察と違い麻取は職務質問する権限がない。捜査には令状が必要で、それが裁判所から下りたのは、確実な証拠があり昨年から裏付け捜査をしていたということ」と薬物犯罪に詳しい関係者。

 

関連タグ: