再生回数が7億回!踊るバイオリニスト 日本でもブレーク寸前

2015年02月07日 09時00分

演奏+ダンス+コスプレで話題のリンジー

 動画投稿サイト、ユーチューブなどの総再生回数が7億回という驚異的な数字で話題の米国バイオリニスト、リンジー・スターリング(28)が11日、アルバム「踊る!ヴァイオリン」で日本デビューするが、まさに大ブレーク寸前だという。

 タイトル通り、踊りながらバイオリンを弾くのが演奏スタイル。6歳からバイオリンを始め、演奏だけでなく独学で身に付けたダンスは圧巻だ。

 7億回の再生回数を誇る要因はほかにもある。

「ユーチューブに演奏している映像をアップしているのですが、演奏しているのは日本の人気アニメやゲーム曲。しかも、その主人公のコスプレをしながらなんです。その点が米国のマニア心に刺さったみたい」とはレコード会社関係者。そのド派手なパフォーマンスから「バイオリン界のレディー・ガガ」との異名も広まった。

 リズミカルなバイオリンに合わせた激しいダンスは、1本の映画を見ているような感覚になると大評判だ。

「そこから派生してオリジナル曲の動画再生回数が大幅アップした」(同)という。新アルバムにも収録されている「クリスタライズ」という楽曲は1億1300万回以上の再生、「エレメンツ」は5000万回という驚異的な数字をはじき出している。

 リンジーはアルバムプロモーションのため、今月中旬にも来日予定だ。日本では関係者やファンを招待したミニライブも予定されているという。

「日本ではまだまだ知名度がないから問い合わせもあまりないだろうとみていましたが『ぜひ見たい』というメディア関係、音楽関係の人が多い。一般のファンもホームページで入場希望者を募集したら、こちらも予定数オーバー。全員は入りきれないと頭を抱えてます」と同関係者。

 彼女の来日パフォーマンスが米国同様、多くの日本人の心に刺さるか。