吉幾三 不整脈も「酒とたばこやめられない」

2015年02月03日 17時57分

新曲を歌う吉幾三

 演歌歌手・吉幾三(62)が3日、都内でシングル「海に抱かれに」とアルバム「愛・ありがとう」の発売記念ミニライブを行った。

 

 シングル、アルバム計17曲を作詞作曲した今回の作品。吉は「他の人にもいろいろ作品を書いているから、頭がこんがらがって、『あれ? この曲の出だしってどうだったけ』って忘れることもある」と笑わせた。

 

 一昨年には不整脈の手術のため入院した吉。「いまはペースメーカーも入っているし、調子はいい」というが、「酒とたばこがやめられない」と嘆く。

 

 今年も「禁煙」を誓ったというが、家族から「去年も言ってたよねと小バカにされる。孫からもモクモクはダメよと言われるんだけど、結局ねえ…」。

 

 昨年、仲のいい歌手の山本譲二(65)と一緒に禁煙を宣言したが、「去年のことは忘れましょう。今年こそ禁煙」と改めて宣言した。