再婚・中村獅童 「入籍まで5年」の裏に竹内結子との離婚トラウマ

2015年02月03日 07時30分

 歌舞伎俳優・中村獅童(42)が1日、再婚会見を都内で行った。前日の1月31日に入籍したお相手は、31歳の元会社員、沙織さんだという。2010年から実に5年という長い交際を実らせてのゴールイン。事を慎重に進めた裏には、元妻の女優・竹内結子(34)との離婚による“トラウマ”があった。

 獅童は会見で「昨日、入籍いたしました。調べたらちょうど大安だったので」とテレながら報告した。

 このタイミングでの結婚は、2012年に親代わりのような存在だった中村勘三郎さん、13年12月に母・小川陽子さんが亡くなったため、喪が明けるのを待っていたという。獅童は「5年も待たせてしまいました」と話したが、入籍まで時間がかかった舞台裏を探ると元妻である竹内との“離婚トラウマ”が透けて見える。

「獅童と竹内は映画での共演をきっかけに05年に結婚したが、翌年に獅童の酒気帯び運転が発覚した際、女優の岡本綾が同乗していたことがバレてから急速に仲が冷え込んだ。ドロ沼の離婚騒動に発展し、1年半以上の時間を経て離婚が成立した」(芸能関係者)

 当時は獅童の女性関係の乱れが離婚に至った主たる原因との報道が目立ったが、陽子さんと竹内との“確執”も大きかったという。

「できちゃった結婚ということに加え、売れっ子女優だった竹内は梨園の妻になる覚悟がまったくできてなかった。当然、女優業を引退する選択肢もなかったため、歌舞伎の伝統やしきたりを学ぶ意欲もない。陽子さんが『梨園の妻としての仕事を何もしていない』とサジを投げるほど関係は悪化。離婚の際には、陽子さんは長男を獅童の跡継ぎにしたかったため、親権をめぐって激しく対立したんです」(同)

 陽子さんが亡くなった際、竹内は花を送ったものの通夜や葬儀には参列せずじまい。そのうえコメントすらしなかったことで「それほど確執がひどかったのか?」など、さまざまな臆測を呼んでいた。

 そんな確執を見てきているだけに、獅童は竹内とは正反対の道を沙織さんに歩ませたという。

「竹内の時とは違い、沙織さんを陽子さんにすぐに会わせ、結婚を視野に入れている真剣交際を伝えた。沙織さんも交際当初から“梨園の妻”になる覚悟を明かし、歌舞伎の伝統やしきたり、女将としての振る舞いについて『教えていただけませんか?』と陽子さんに頭を下げた。梨園について必死に学ぼうとする姿に陽子さんも感銘を受けたほど」(梨園関係者)

 実際に獅童は再婚会見で「おふくろも娘のようにかわいがって、食事をしたり買い物をしたりしていた」と、亡き母と新妻の親密エピソードを明かした。
 その陽子さんが帰らぬ人になると、“師匠”として女将修業に励んでいた沙織さんも大変なショックを受けたという。

「ただ周囲は沙織さんの一生懸命な姿を知っているので、いとこである中村時蔵の夫人をはじめみんなバックアップする態勢です。陽子さんがいないのは残念ですが、沙織さんは大丈夫。十分やっていけると思います」とは前出の梨園関係者。

 陽子さんが亡くなった当時を思い出した獅童は「すごく支えてくれた。家を守ってくれた」と母に感謝していたが、これからは沙織さんに、家を守ってもらうことになりそうだ。