元ホステス・神室舞衣が女子学生にアドバイス 水商売バイトは慎重に

2015年02月01日 14時21分

 元ナンバーワンホステスのタレント・神室舞衣(30)が1日、都内で3枚目のDVD「麗女~celebrity~」の発売記念イベントを開いた。

 ホステス時代は福岡・中洲、東京・六本木で指名客を次々に獲得。頂点に上り詰めた。プライベートの姿が気になるが、「家ではめちゃくちゃ甘える。ひざ枕してほしい」という。

 ホステスといえば、東洋英和女学院大4年生・笹崎里菜さん(22)がホステスのアルバイト経験は「清廉性がない」とされ、日本テレビのアナウンス職の内定を剥奪された。同局の対応はバッシングを浴び、笹崎さんは民事訴訟の末に今年1月、入社を勝ち取った。

 神室はホステスの清廉性についてどう思うか聞かれ、困惑しつつ「スペシャルな方が飲みに来られる。そういうのに慣れると思う」と、社会的地位がある来店客への接客対応を習得できるとし、プライドをのぞかせる。

 一方で「(世間からの)当たりは厳しいところがあると思う。就職を考えるなら難しいところはあると思う」。ホステスに対しては確かにいまだ良からぬ誤解があるのが現状。神室は女子学生たちへ水商売のアルバイトは慎重に考えるよう助言した。