44歳LiLiCoがピンクの超ミニスカ衣装でアイドル宣言

2015年01月29日 18時08分

「パンツ撮っちゃダメよ」とカメラマンを制したLiLiCo。左後方は菊地亜美

 タレントで映画コメンテーターのLiLiCo(44)が29日、都内で行われた「Live Idol Tokyo 2015」の記者発表会に参加した。

 

 飲料メーカーの伊藤園が主催するイベントで、自動販売機で販売している「お~いお茶」など飲料水に付いている応募シールで、20組の中から応援するグループに投票すると、得票数上位3組が3月28日に行われる恵比寿リキッドルームでのライブイベントに出演できるというもの。

 

 LiLiCoは菊地亜美(24)とともにスペシャルサポーターとして出席。ピンクの超ミニスカドレスで登場し「アイドルのLiLiCoです」とあいさつして会場をあぜんとさせた。現在はマルチタレントとして活躍しているが、「27年前はアイドルになりたかったの。それがいつの間にか浜松で演歌歌手になっていた。今でもアイドルを目指しながら、映画コメンテーターをやっている」と力説する。この日のステージ衣装も現在、ディナーショーで使用しているもので「グリーンのバージョンもあるのよ。そっちが良かった?」と話し、爆笑を誘った。

 

 イベントに参加する若手のアイドルたちを前に「きちんと笑顔であいさつを。ADもいつかはプロデューサーになるから気をつけて」と芸能界の大先輩としてタメになる“格言”を残しつつも、主催者には「3月のライブには前座として1曲歌わせて!」とアイドルを押しのけ、必死にアピール。会場を去る際にはローアングルで撮影しようとするカメラマンを「パンツ撮っちゃダメよ」と制止しながらも「今日の色はモスグリーン」とサービストークで報道陣を沸かせた。