「鈴木亜美と破局告白」高岡奏輔のマイペースな振る舞い

2015年01月30日 11時00分

羽場(左)に抱きつく高岡

 愛しの「あみ~ゴ」が本当の「アミーゴ(友達)」になった!? 俳優・高岡奏輔(32)が28日、交際していた歌手・鈴木亜美(32)と破局していたことを告白した。

 主演を務める舞台「惡」(東京・紀伊国屋ホール)の初演前会見で鈴木のことを聞かれ、困惑気味に「付き合っていないです。仲の良い友達として一緒にいるだけなので」。別れた時期には「それはちょっと…」と言葉を濁し、それ以上の質問は関係者が制した。

 高岡はプロ野球・DeNAのファンで、昨年9月6日に行われた広島戦(横浜スタジアム)に鈴木と2人で堂々と観戦デートする姿を本紙が激撮していた。ラブラブと見られていただけに、突然の破局告白にこの日の取材現場は騒然。何があったのか…。

「高岡のマイペース過ぎる性格に、あみ~ゴ(鈴木)がついていけなくなり、別れたのではないか」と話すのは芸能関係者。デートをしている時も、高岡が予定を急に変更したりするそうで、鈴木も困惑。価値観の相違もあり、友達に戻る断を下したという。

 高岡のマイペースぶりは仕事でも同様。「いきなり現場から消えたかと思いきや、ほどなくしてスッキリした顔で戻ってくる。どうやらトイレに行っていたようで(苦笑)。そういうのが結構多い」(芸能プロ関係者)

 今回の舞台で共演するベテラン俳優の羽場裕一(53)も、会見で「稽古開始3分前に(現場に)来る座長も珍しい」とチクリ。高岡は“勘弁してくださいよ~”と言わんばかりに頭をかいて、羽場に抱きついた。

 2011年に女優宮﨑あおい(29)と離婚し、現在バツイチの高岡。再婚相手は、マイペースな振る舞いに寛容な女性しか務まらないかもしれない。