中川翔子、キング・クリームソーダらがタイでアニソンの魅力発信

2015年01月26日 18時40分

左から鮎貝健、May’n、中川翔子、キング・クリームソーダ

 タレント・中川翔子(29)らが26日、都内で行われたタイ国内向けのアニメソング番組「ANISONG NIPPON(アニソン ニッポン)」の発表会見に出席した。

 3月1日からタイ「Workpoint TV」で計5回放送される「ANISONG NIPPON」。今年度、総務省が実施する「地上波テレビジョンを活用した放送コンテンツの海外展開に関するモデル事業」の一つで、日本音楽事業者協会など音楽事業関連4団体が制作。アニソンのより一層の海外普及を狙った番組だ。

 会見に出席したのは中川のほか、「妖怪ウォッチ」の主題歌でおなじみの「キング・クリームソーダ」、May’n(25)というアニソン界のトップたちと番組MCの鮎貝健(44)。

 番組に登場する中川は「アニメは愛や勇気や夢、たくさんのことを教えてくれる素晴らしい文化です。ラブ&ピースにしてくれるアニソンが大好きです。たくさんのアニソンで、世界中の皆さんと楽しめたらなと思います」と宣言。「キング——」のマイコも「今年はもっと世界中の人に“ゲラゲラポー”をしていただいて、盛り上げていきたいと思います」と意気込んだ。