まゆゆが珍しく自虐トーク 静まり返った場内に「心折れた」

2015年01月24日 19時26分

AKB48 (C)AKS

「AKB48リクエストアワーセットリストベスト1035 2015」4日目夜公演(24日、東京・文京区の東京ドームシティホール)で、AKB48の渡辺麻友(20)と柏木由紀(23)の同期メンバー2人によるMCで、優等生キャラの渡辺が素?の自虐トークを展開した。

 2日目公演(22日)で自身のソロ曲「やさしくさせて」ランクイン発表時に場内が静まりかえった。渡辺は「ハンパない! みんな“無”。誰も呼吸してなかった(くらい静かだった)。拍手もなければ、息もないし、本当に空調の音だけ聞こえてた。あんなアウェー感は生まれて初めて。心が折れました」。

 今回、同率最下位8曲のうち3曲が渡辺が所属していた派生ユニット「渡り廊下走り隊7」だったことに、「不人気! でも、まあ、もう(ユニットは)解散したから」と開き直った。

 しかし、そんな自虐トークを繰り返す渡辺の姿にファンから拍手が送られると、渡辺は「ホームだ! 4日目にしてやっとホームを味わえた」と大喜びした。