元サッカー日本代表・岩本氏は代表戦よりもAKB

2015年01月24日 16時00分

岩本輝雄氏

「AKB48リクエストアワー セットリストベスト1035 2015」の3日目公演が23日、都内で開催され、アンコール後に「第2回AKB48グループドラフト会議」が東京・江東区の有明コロシアムで5月10日に行われることがサプライズ発表された。


 ドラフトは2013年11月以来、2回目。横山由依(22)は「これから10年戦っていかなきゃいけないですからね」と決意を明かすと、総監督の高橋みなみ(23)は「さすが次期総監督!」と呼応した。


 そんな光景を客席で見ていたのは元サッカー日本代表で、ファルカン監督時代には10番を背負った岩本輝雄氏(42)だ。同時間帯にサッカーのアジアカップ準々決勝(日本対UAE)が行われていたのだが、「岩本さんはAKBにハマリまくっている。サッカーの練習中はAKBの曲を聴き、自宅で食事している時もDVD観賞している。ベッドにグッズの収納ボックスもあるとか」(テレビ局関係者)


 日本代表戦よりAKBを選ぶガチ度はハンパない。


 Fカップ美乳で人気のAKB48の小嶋菜月(19)が“推しメン”だ。


 AKB関係者は「岩本さんを劇場でよく見ますよ。他のファンの方と変わらない熱い声援を送っていただいてます。今後も岩本さんにぜひ足を運んでいただきたい」とお願いした。