【ジャニーズ女帝爆弾宣言の衝撃波】フジテレビはキムタクと“決別”

2015年01月24日 07時30分

昨年に続き嵐で新春キャンペーンを大展開したフジテレビ

 フジテレビがキムタクと決別へ――。“ジャニーズ帝国の女帝”と呼ばれるジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長が、週刊文春最新号のインタビューに応じた反響が拡大している。とりわけ同事務所の所属タレントが連日出演するテレビ各局の動揺は激しい。SMAPの番組を数多く手がけてきたフジテレビでは、同グループをマネジメントするI女史側から、メリー氏の実娘・藤島ジュリー景子氏派へとこっそりカジを切っていたことが分かった。これによりフジで木村拓哉(42)の主演ドラマは見られなくなるという流れだ。本紙でしか読めない「ジャニーズ女帝爆弾宣言の衝撃波」第2弾!

 SMAPを国民的アイドルに育て上げたI女史にしてみれば、ジャニー喜多川社長の後継者争いからの脱落を、わざわざメディアの前で宣言されてしまった格好。これほどの屈辱はないが、事情に詳しい芸能プロ関係者は「こんなの今に始まったことじゃないですよ。テレビ局に対して強い影響力を持つI女史の力を弱めようと、ジュリー氏は数年前から動いていましたから」と明かす。

 その影響を最も受けたのがフジテレビだといわれる。SMAPとフジといえば、昔から切っても切れない関係だ。

「今でも『SMAP×SMAP』は放送中だし、昨年終了した『笑っていいとも!』では中居正広や香取慎吾らが長年レギュラーを務めた。キムタクは月9ドラマで何度も主演しているしね。まだ売れてないころに『夢がMORIMORI』に抜てきしたのもフジだったし」(同)

 この“蜜月関係”は、もちろんI女史の努力があって出来上がったものだが、嵐などを担当するジュリー氏にとっては面白くない。そこで一昨年末、とうとう“実力行使”に出たという。

「ジュリー氏が編成に激怒したんです。当時の編成部長は“I女史派”というわけではなく、ジュリー氏ともI女史ともバランスよく付き合うタイプ。でも副社長のメリーさん直系であるジュリー氏は、それに納得いかなかったようだ」(フジテレビ関係者)


 結果、この編成部長は飛ばされたといわれているから恐ろしい。

「代わって就任したのはバリバリのジュリー派の人。徐々にI女史人脈が崩れていった」(同)

 ジュリー氏による“切り崩し”はこれだけでは済まなかった。昨年9月には、SMAP草なぎ剛出演の「僕らの音楽」とKinKi Kidsの冠番組「新堂本兄弟」が打ち切りになった。

「両方ともI女史と仲がいいプロデューサーが担当していたが、ジュリー氏が強硬に主張して終わらせた。そのプロデューサーがどうなったかって? 地上波の制作現場から異動になった」(同)

 最近低迷が続くフジはなぜ、ジュリー氏の言いなりにならざるを得なかったのか?

「まあジャニーズは敵に回せないからそういう部分もあるけど、ジュリー氏の影響力が強い日本テレビが、嵐を使って高視聴率を記録しているから『ジュリー氏とやった方が数字が取れるかも』という下心もあった。まあそんなことしてるからダメなんだけど…」(前出のフジ関係者)

 いずれにせよ「“I女史&フジ”の蜜月関係は完全に終わった」とみられる。「とりあえず『HERO』の映画版が7月に公開されるけど『それをもってキムタクがフジのドラマに出ることはなくなる』ともささやかれている」(同)

 長年続いているバラエティー「SMAP×SMAP」については「視聴率は好調だし、しかも系列の関西テレビとの共同制作だから、フジの一存だけでは決められない。もっともフジが好調なら強気に打ち切る方向に持っていったかもしれないが、いかんせん低調だから、数字を取っている番組を終わらせられない事情がある」(同)。

 フジと“決別”となるキムタクは、4月からテレビ朝日のドラマの出演が内定している。

「最近、フジかTBSにしか出演していなかったキムタクにとってテレ朝ドラマ出演は“事件”。フジとI女史の蜜月関係が終わった証明とも言える」(前出芸能プロ関係者)

 メリー氏は文春のインタビューで“後継者はジュリー氏”と初めて明言したが、業界内での“I女史外し”は数年前から着々と進行していたようだ。