【ブルーリボン賞】小林聡美“ムリな役”やってよかった

2015年01月23日 11時00分

数字に弱い小林聡美

 東京映画記者会(東京スポーツ新聞社など在京スポーツ新聞7紙の映画担当記者で構成)が投票で選ぶ「第57回ブルーリボン賞」の各賞が22日、決定した。助演女優賞には「紙の月」で存在感ある演技を見せた小林聡美(49)が選ばれた。

 

「紙の月」では宮沢りえ、大島優子が「第24回東京スポーツ映画大賞」を受賞するなど、多くの出演者が映画賞を獲得している。「この映画ではみなさん賞をいただいているけど私は全然もらえなかった(笑い)。今回いただけてよかったです」と笑顔を見せた。銀行員の役だが「普段の私ではムリ。とにかく数字に弱い。昔お店で働いてたけど、お客さんにお釣りを渡すとパニック。レジはどれを押していいか分からないし」と苦笑していた。