【ブルーリボン賞】新人賞・小芝風花が歓喜のジャンプ

2015年01月23日 11時00分

新人賞の小芝風花

 東京映画記者会(東京スポーツ新聞社など在京スポーツ新聞7紙の映画担当記者で構成)が投票で選ぶ「第57回ブルーリボン賞」の各賞が22日、決定した。新人賞には「魔女の宅急便」の小芝風花(17)が輝いた。

 

 小芝は受賞について「聞いた時、泣きながら母に電話したら『ママも泣きそう』と喜んでくれた。キキ役が決まった時も『あんた、ホンマよかったなぁ』って。いつも一緒に喜んでくれるんです」と初々しく話した。

 普段は母娘ベッタリな小芝が撮影中は“親離れ”を決断。「『キキと同じように家族と距離を置いてみるのもいいね』と言われて、ケータイは写真を撮るだけ。つらかったです!」と振り返った。