デヴィ夫人 草食系男子に喝「日本の男性はダサい」

2015年01月22日 20時27分

草食系男子に喝を入れたデヴィ夫人

 タレントのデヴィ夫人(74)が22日、都内で行われた映画「トレヴィの泉で二度目の恋を」(31日公開)の記念イベントに登場した。
 
 デヴィ夫人は、昨年1月に亡くなった女優・淡路恵子さん(享年80)に関する報道をめぐり、淡路さんの長男・島英津夫(54)と係争中。この日昼に行われたイベントでは「一切お話ししたくない。非常にばかげたことなので」と多くを語らなかった。
 
 その後、開かれた「トレヴィ――」のイベントでは「素敵な嘘が人生を輝かせる」という映画のキャッチフレーズにちなみ「ウソをつく人は嫌い」とキッパリ。「裁判で堂々とウソをつかれた」と過去の訴訟か島との訴訟か明確にはしなかったが、虚偽の証言をされたと告白した。
 
 島との係争には「その話はしたくないです」と昼と変わらずダンマリを決め込む。ただ、「無視ですね、無視。あの方のことは。相手にもしたくない。許せない」と強烈に毒ガスを噴射した。
 
 また、夫でインドネシアの故スカルノ大統領からは「何百通もお手紙をいただいた」と熱烈なアプローチをされたという。デヴィ夫人が朝、髪をといている時も「私の愛は、あなたの髪の毛より長い」と口説かれたとも。
 
 それを踏まえ「日本の男性はダサい!」と草食系が増えた日本人男性を一喝した。