AKBぱるる トークアプリ「755」で謎の“神対応”

2015年01月22日 18時03分

トークアプリ「755」での“神対応”ぶりが話題の島崎遥香

 AKB48の島崎遥香(20)が21日、新世代トークアプリ「755」を再開し、ファンから寄せられる多数のコメントに対する“神対応ぶり”が話題を呼んでいる。

 

「ぱるる(似)」などというアカウントで一時期“偽物”として「755」を利用していたが、今回は「島崎遥香(AKB48)」として再開。21日夜に「はじめまして」と第一声を上げた。

 

 ぱるること島崎は「2014ユーキャン新語・流行語大賞」にも「塩対応」がノミネートされるなど、ファンに対して素っ気ない態度をとる「塩対応」で有名だ。

 

 昨年大みそかの「第65回NHK紅白歌合戦」では「心のプラカード」を歌った時に掲げたプラカードにも「来年も続・塩対応。」と宣言した。

 

 しかし、そんな島崎は「755」では、再開理由を尋ねたファンに「応援してくださってるみなさんに少しでも喜んでもらいたかったからです」と優しく説明。その後も「これからできるだけ沢山のかたにお返事していきますね。待っていてください」と返信した。

 

 続々と寄せられるファンからのコメントに返しまくった島崎は「お返事がたのしくなかなか寝れませんね」と神対応にすっかりハマッた様子だ。

 

 また、即席麺のCMに出演している島崎には「ラーメンと○○どっちが好き?」という質問も寄せられ、「ラーメンと秋元(康)先生では?」という質問には「比べ物になりません。ラーメン」と島崎らしい遠慮なしの答えで返した。

 

 ただ、慣れない?“神対応”を連発したからか、島崎は22日早朝に「755のやりすぎで寝不足です」と夢中になったことを告白。島崎のアカウントはすでに37万ウオッチ超え(22日17時現在)となる盛況ぶりだ。

 

 一方、すでにAKB48の優等生キャラで知られる渡辺麻友(20)は「755」では素っ気ない返信で“塩対応”ぶりが話題に。「755」では島崎と渡辺は普段の対応と真逆なこともファンの関心を集めている。

 

 また、ファンから「フォトブックを出して欲しいいなー。楽しみに待っとこ♪」との依頼には島崎は「出したいです! 年内に!」と宣言した。