デヴィ夫人 係争中の淡路さん長男に「興味ない」

2015年01月22日 15時45分

ディスコルックでイベントに登場したデヴィ夫人

 セレブ系タレントのデヴィ夫人が22日、東京・渋谷で行われた「東急プラザ 渋谷 タイムスリップギャラリー」のオープニングイベントに出席し、懐かしのディスコルックでテープカットを行った。
 
 49年間続いた同プラザは、3月22日に閉館する。デヴィ夫人は「昔はこのようにすそが広がった女プレスリーみたいな衣装で、ディスコに通っていた。今もこんな衣装は家に残っている」と話し、ダンス姿を披露。「初恋の相手とはハチ公前で待ち合わせした。ものすごくきれいな男性だった。今も面食いだけど」と若き日の思い出を語った。
 
 デヴィ夫人といえば、ちょうど1年前に死去した大女優・淡路恵子さん(享年80)の長男で俳優の島英津夫(54)と訴訟合戦になっている。
 
 島について尋ねられると「あの方については一切お話したくない。私は関知しない。私は全然興味がない。非常にばかげたことなので」と、夫人はコメントを避けた。
 
 デヴィ夫人と淡路さんは、夫人が18歳の時から密な付き合いをしてきた〝親友〟だが、淡路さんの遺品の着物を譲る、譲らないで、島ともめたことで訴訟に発展した。