「主演男優賞」上島竜兵が誓う“おでん芸のリベンジ”

2015年01月23日 11時01分

5年前の授賞式でおでんをこぼし、慌てるダチョウ倶楽部

「第24回 東京スポーツ映画大賞」(ビートたけし審査委員長)で「主演男優賞」に選出された「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵(54)が21日、本紙に“5年前のリベンジ”を誓った。ダチョウ倶楽部は2010年に開かれた東スポ映画大賞授賞式に出席した際、おはこの“おでん芸”を披露したが大失敗。2月22日に行われる授賞式で、当時のミスを帳消しにするという。

 都内で行われた海外ドラマ「ブラックリスト シーズン2」(2月17日放送開始)のイベント後、本紙の取材に応じた上島。「上島ジェーン」(09年公開)、「上島ジェーン ビヨンド」(14年公開)での“名演技”が評価され、主演男優賞に輝いたが…。

 上島は「主演女優賞の宮沢りえちゃんと横並びなんて、想像できませんね」と興奮を隠せない様子。リーダー・肥後克広(51)が「たけしさんが『ドブに捨てたら、上島に当たっただけ』と言ってただろ!」、寺門ジモン(52)が「殿は全体のバランスを考えて、あえて竜ちゃんという選択肢を選んだんだよ!」と突っ込んでも「殿は照れ屋だから…」と、すっかり名優気取りだ。

「受賞を知ったのは、メンバーからの電話やメールだった。みんなが喜んでくれて本当に自分もうれしかった」と至福の表情。もちろん授賞式には「何があっても3人で駆けつけます!」と鼻息も荒い。

「上島ジェーン」は09年度の東スポ映画大賞・特別作品賞を受賞。3人は10年に開催された授賞式に駆けつけ、得意の「おでん芸」を披露したが、ここで痛恨のミス。なんとおでんを舞台上にこぼしてしまったのだ。

 寺門は「おでんは何十年やっていて一度もミスしたことないのに、あの場だけ…」と悔しがる。

“おでん芸”の第一人者らしからぬミスだったが、その場では大ウケ。しかし、同じミスは許されない。今年の晴れ舞台で何をやるかは未定だが、完璧なトリオ芸を見せるという。

 さらに肥後は「主演男優賞だし、たけしさんに上から目線で言ってもいいんじゃない?」とアドバイス(?)したところ上島は「たけ…。呼び捨てなんてできるわけないじゃない! 書かないでね」と苦笑い。授賞式が楽しみだ。