AKB高橋みなみ 秋元康氏の驚がく「作詞事情」明かす

2015年01月21日 20時08分

高橋みなみ (C)AKS

「AKB48リクエストアワー セットリストベスト1035 2015」初日公演が21日、東京ドームシティホールで開催され、AKB48グループ総監督の高橋みなみ(23)が、秋元康総合プロデューサー(56)の驚きの作詞事情を明かした。

 海外&国内姉妹グループ、ソロ・派生ユニットを含めた全1035曲をランキング形式で発表する同ライブ。2005年12月にAKB48が誕生後、9年あまりで1035曲生まれたことについて、高橋は「1年で115曲もの曲を誕生させてる。3日に1曲ペースですよ」と驚きの表情だ。

 楽曲の“9割9分”の作詞を担当している秋元氏について、高橋は「1曲作るのに(候補曲を)500曲聴いているみたいなので、秋元さんは相当な数を聴いている」と告白。

 単純計算で50万もの候補曲から選んでいることを明かした。